ラッコのひまつぶし

手帳・マイクラ・ハロプロ・本…いろんなことの備忘録

壊れたら買うか、直すか

こんにちは、ラッコです。

 

びじゅチューンというNHKの番組がありまして、内容は美術品や芸術品に井上りょうさんというアーティスト(でいいのか?)が勝手にストーリーをつくり、曲にしてしまうなんてものなんですけど、これがまったく奇想天外で面白くて好きで。

なかでも好きなのは「樹花鳥獣図屏風事件」(鳳凰が殺されるところから始まる)、「住んでます八つ橋蒔絵硯箱」(感じの悪い金持ちの話)、「転校しないで五弦琵琶」(さわやかな恋の切ない歌)で、どれも発想が面白く曲も良いのです。

ほかにもおすすめは多々ありますので興味が沸いた方はぜひ見てみてください。

 

で、本題はそこではなく。

土曜日にふらっと丸善に行った時、気になってた地下に行ったんです。エレベータを降りていくとなんだか出しかけの在庫品が無造作に放置されているハンズビーがありました。

ハンズって言ったら文房具、とインプットされているので面白いものないかなと店内をふらついていると、なんとそこにはびじゅチューンのグッズがあるではないですか!

樹花鳥獣図屏風事件のグッズはもちろんのこと、他にも色々ありましたのでその中からこれは使う!というものに絞って見繕いほくほくと帰宅。

以前はグッズというと買い漁って保存しておくタイプだったんですけど、一度断捨離っぽいことをしたあとは使うものに限って買って、保存せずにガンガン使うようになりました。

ですから、帰宅後すぐに開封して鳥獣戯画ジム柄のマグカップを使っていたのですが…

f:id:fujimineko0712:20160821223721j:plain

見えるでしょうか…取っ手のすぐ右側が早速欠けてしまいました…

一日で壊れるって自分の粗雑さを恨みますわ…

 

そこで、なんですよね。これを修理するか買いなおすかで迷っています。

マグカップは1200円(税抜き)。修理するのなら前から興味があった金継ぎという手法で直してみたい。ただ…道具をそろえると1200円は軽く超すでしょうし、じゃあワークショップに行ってみようかと調べてみると4000円近くします。。。ううむ、悩む。

金継ぎに興味はあっても踏み出せない理由として、金額、他に欠けてる食器はお茶碗ひとつしかないこと、もともと食器は必要最低限しかもっていないこと、一番の理由は荷物が増えるのが好きでないこと。

買いなおすことに踏み出せない理由は、まだ買ったばかりなこと、ちょっとしか欠けてないのに捨てるのは忍びないこと、1200円(税抜き)は安くないこと。

 

取り合えず金継ぎの情報収集をして、そのうえで決定しようと思います。

好きで買ったものは大事に使いたいなぁという気持ちがあれど、どこで線引きをするかがまだ明確でないラッコでした。

 

では、ごきげんよう。